【満員御礼】体験イベント「ミニ縄文土器づくり」を開催します

令和3年3月4日(木)午前9時から申込受付を開始しました

令和3年3月4日(木) 17:20現在 定員に達しました。

お問い合わせ・お申込みいただき、ありがとうございます!

次回イベントも企画中です。お楽しみに!

~縄文時代の人々がつくっていた土器をつくってみよう!~

 

現在開催中の第3回企画展「令和元年度発掘調査報告展」の関連イベントとして、粘土を使った「ミニ縄文土器」づくり体験を開催します。

いろいろな縄目(なわめ)や独特な模様が付けられた「縄文土器」。

今回は、高さ15cmくらいの土器づくりが体験できます。ペン立てや鉢植えなど、活用はさまざま!

オリジナル土器をつくってみませんか?

開催日時

令和3年3月13日(土)午後1時30分~午後3時30分

※午後1時15分までに資料館へお越しください。

開催内容

【ミニ縄文土器づくり体験】

粘土で高さ15cm程度の土器を作ります。本物の縄文土器のように縄などで模様を付けます。

作った土器の乾燥・焼き上げには約1か月お時間をいただきますので、当日のお持ち帰りはできません。

焼き上げ後に資料館でお渡しします。

募集人数

15名

申し込み

3月4日(木)午前9時から電話でお申し込みください(定員になり次第締め切り)。

歴史民俗資料館 022-724-7935

※申し込みは参加者本人かそのご家族のみ受け付けます。

※小学生以下の方は保護者の参加が必要です。

準備物・服装

・粘土などを使う作業のため、服が汚れる可能性があります。汚れてもよい服装でご参加ください。アームカバーやエプロンなどを使うのもよいです。

・参加中はマスクの着用をお願いします。

その他

・新型コロナウイルス感染症の感染状況により中止する場合があります。