【9/27開催】体験イベント「まが玉づくり体験」を開催しました!

去る9月27日(日)、「まが玉づくり体験」を開催しました。

第2回企画展「山囲古墳のお宝 一時里帰りした名取の至宝」の解説付きイベントの第2弾として、お子さんも楽しめる体験イベントを企画しました。午前・午後の部ともに多くの申し込みをいただき、ありがとうございました。

午前・午後あわせて32名の方が参加されました。

体験学習室で、まが玉を作る道具がずらりと並んだ机にそれぞれ座っていただき、いざスタート!

 

名前の由来や使われ方、名取市内の遺跡で見つかったものについての簡単な説明の後、いよいよ自分だけのまが玉を作り始めました。

製作の合間に9月19日(土)から始まった第2回企画展「山囲古墳のお宝 一時里帰りした名取の至宝」についての解説を行いました。

参加者の皆さんは、70年ぶりに里帰りした「頭椎大刀(かぶつちのたち)」のまばゆい金色の姿に魅了されていました。中には「本物なの?」との声も。正真正銘1400年前のものだとわかるととっても驚いていました。

皆さんが一生懸命に作ったまが玉は、形や磨き具合など、どれ一つ同じものがないオリジナルな出来上がりに! 大人もこどもも大変楽しんで、嬉しそうに勾玉を首からさげて帰っていかれる方もいらっしゃいました。

資料館の初めての体験イベントにご参加いただき、ありがとうございました!

次回イベントも企画中ですので、お楽しみに♪

 

☆第2回企画展「山囲古墳のお宝 一時里帰りした名取の至宝」は好評開催中です。東北地方で12例、宮城県内ではわずかに3例しか出土例がない、「頭椎大刀(かぶつちのたち)」は一見の価値あり!!! 詳細はこちら